和牛焼肉幸庵 宮崎牛にこだわり宮崎の焼酎にこだわる
 

go home
橿原店
乾谷店
広陵店

 

 


宮崎の暖かく豊かな自然で、農家の方々の根気、努力、愛情と匠な技によって育てられた黒毛和牛。中でも最上級の肉のみに与えられたブランド名。それが「宮崎牛」。見た目が綺麗な霜降り肉というだけでなく、和牛本来の豊かな風味と柔らかいを超えたとろけるような肉質はまさに最高級の味わいです。


当店では、焼肉店ではあまり使用される事の少ない和牛の中での最上級ランク「A-5」を使用しております。脂の甘み、焼いた時に広がる香りは抜群で、並のカルビでもその肉のうまみと香りが広がり、抜群のおいしさがあります。当店では、とても希少で最高級なお肉をできるだけ多くのお客様に楽しんで頂きたい思いで、価格もとてもリーズナブルな価格でお楽しみ頂けるよう努力しております。是非一度当店自慢の宮崎牛最高評価等級あじわいをお楽しみくださいませ。
 

「味噌ダレ」
当店自慢のつけだれでゴマの香りと味噌の風味、フルー ツの酸味とさわやかな後味が売りで和牛本来の味をあじわって頂くためにつけすぎてもからくないようにしてあります。とても珍しいタイプのつけだれです。
「醤油だれ」
おなじみのオーソドックスなたれで焼肉のパンチがきいた味が食べたくなったらこのたれがおすすめです。 にんにくの風味と甘辛い醤油味が焼肉にぴったりです。
「梅だれ」
梅の香りをきかせたタレで当店の霜降り肉で脂っこいお肉でもさわやかな梅の香りが後味をさわやかにしてくれます。
 


幸庵のA-5ランクのお肉とはこんな厳しいランク付けに基づいて決定されています。

歩留まり等級が3段階、肉質等級が3段階ですから牛肉の等級は全部で15段階あることになります。ごく少数の選び抜かれた牛だけしか最高のA5ランクになりません。


しかし最終的に「おいしかった」と言っていただけるお肉を目指しています。

厳しい基準と、私共の目と舌を信じて努力して参ります。

【肉質等級 1〜5】

肉質等級は、「脂肪交雑」、「肉の色沢」、「肉のしまりときめ」、「脂肪の色沢と質」の4項目について評価が行われ、総合的な判定から最終的な肉質等級が決定します。
「脂肪交雑」→ビーフ・マーブリング・スタンダード(B.M.S.)という判定基準があり、これによって霜降の度合いを評価されます。
「肉の色沢」→肉の色と光沢を判断します。 「脂肪交雑」と同様に、肉の色にはビーフ・カラー・スタンダード(B.C.S.)という判定基準が設けられています。 一般的に鮮鮭色が良いとされています。

【歩留等級 A〜C】

生体から皮、骨、内臓などを取り去った肉を枝肉(エダニク)といいます。このとき生体から取れる枝肉の割合が大きいほど等級が高くなります。つまり同じ体重の牛でもたくさんの肉が取れる方が良いということです。